美味しさを引き出す。時間も一つの道具です。

2週間-豚肉に塩をぬり、様々な野菜や香草をの旨味をすわせる時間。はやる気持ちを抑えつつ、じっくりとその時を待つ。肉から水分がぬけ、旨味を吸収し、身がしまった時、それが合図。旨味を凝縮した肉は、より味わい深くなる。リンダはすべての素材に合わせて、時間も一つの道具として使い、最大限の美味しさを引き出しています。

燻す

1週間から10日かけて、じっくり塩漬け、熟成、乾燥を行い、水分を飛ばし旨味がより凝縮されます。こうして出来た鴨の生ハムに、ほのかな燻製香をつけて、ご提供しております。

福岡・那珂川の旬

福岡の脊振山の豊かな栄養を運ぶ那珂川。
その名を冠した確かな土壌がつくる野菜は格別
豊かな栄養を備えた野菜は、味わいも力強い
その時の旬は、人間の身体に必要な栄養を備えている。
露地にこだわる、信頼できる生産者岡村さんの作る野菜がうまい。

信頼の肉
秋冬はジビエが旬。猟師が良い状態のものを狩猟したジビエを、一頭や半頭で買うため、様々な部位を様々な料理でご提供しております。
鹿、猪、青首鴨などの旬の味わいがお楽しみいただけます。
肉の旨味を味わいたい方のために、赤身のランプやイチボを熟成させてお出ししております。豚に関しては、いろいろと食べ比べた結果、脂の旨味が格別で、肉質も良い地元の糸島豚を使用しております。
その時期のお肉を、その季節に合わせた調理法で、リンダらしいお料理をお出ししております。
信頼の肉
目利き人の魚介
長浜市場で仲卸で魚を勉強した、当店の店主の日高。
その日高を知る信頼の目利き人が選んだ魚介は、身の締まりも上質な味わいもあり、抜群です。
目利き人の魚介

香る

ハーブはアクセントの一つではなく、かけることが許されないピース。リンダのお料理はすべてに気を遣い、より美味しいお料理を追求しています。

ワインと“前菜”

前菜盛り合わせ

レンズ豆の~~~ 

前菜盛り合わせ ¥1,500(税込)
その日のお肉を3種、魚介系を3種、お野菜を4~5種類の
計10品程度の前菜を盛り合わせております。
いろいろな味が楽しめますので、はじめての方におすすめです。
トリッパとランプレドット
白インゲン豆の田舎風モツ煮込み 
800(税込)
2番目と4番目の胃袋を別々に処理した後、
白インゲン豆と一緒にワインビネガー白ワイン、香味野菜に、
一般的なトマトではなく自家製ブイヨンで煮込むことで、
モツの旨味をダイレクトに味わえる田舎風料理です。

糸島豚のサルシッチャ

糸島豚のサルシッチャ ¥800(税込)

肩ロースとバラ肉の2種類の部位をあらびきのミンチにし、
イタリアの塩と数種のスパイスでマリネした
自家製ソーセージ。 オリーブオイルでソテーした蓮根を
練り込み、食感のアクセントにしています。

“お肉”に赤ワイン

 
お肉はそれぞれ状態を見極め、
素材の持つ旨味の凝縮を図る。
こうして管理された素材を、適切な調理を施す事で、
その持ち味を最大限に引き出す。

白ワインに 魚とパスタ

白ワインに 魚とパスタ

白ワインに 魚とパスタ

※価格は全て税込になります。